riccoのマタニティ日記。不妊治療を乗り越えて赤ちゃんを迎える日まで。


by r_ricco
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ニュース( 1 )

このタイトル。
夫婦以外の精子・卵子使った体外受精容認へ…生殖医学会方針

今日のyahoo!ニュースのトップに載っていました。
今までは、夫婦以外の体外受精は日本では認められていなかったんですよね。
それが、ついに夫婦以外でもいいと!
自分の精子や卵子を使って子どもを得ることができない夫婦を対象として、兄弟姉妹、
友人からの精子・卵子の提供を認めると。

以前読んだ本で『日本で不妊治療を受けるということ』という不妊治療を体験したライターさんが
書いた本がありましたが、このご夫婦は「夫婦別姓」だったんです。
籍は入れてなくて、いわゆる事実婚てやつです。
それは、この方たちの強いポリシーで、周囲の反対を押し切ってしていたのですが、
いざ、卵子をとり、精子をとり、めでたく受精し、お腹に戻すときになって、
医者に籍の確認をされ、別姓ではだめということがわかったのです。

あとは戻すだけという時になって。
迷う間もなく、子供を授かりたい一心で、自分たちのポリシーを曲げてまで籍を入れたんです。
そうじゃなきゃ、体外受精は認められない世の中だったから。

だから、これは画期的なこと。

それと、私も「卵の老化」を指摘され、自分の卵ではもう出来ないんじゃないかって悩みましたが、それもなくなるってこと?
若い健康な卵を提供してもらえばいいってこと?
倫理的にどうなのだろう。
売買とかに繋がらないのかな。
などなど、疑問も残りますが、なかなか授からず苦しんでいる人を救う一歩になることを
祈ってます。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
[PR]
by r_ricco | 2008-12-14 09:51 | ニュース